RMX/CRM クランク内部の比較

ある方より、RMX250SとCRM250(初期型)のクランク構造の比較写真を頂きました。
耳にした事があるかもしれませんが、RMXのクランクは、オイルの経路に問題があり
クランクベアリングにオイルが回り辛いなどの問題があるそうです。

で、耐久性の高い(と言われ続ける)CRMと比較をしてみると、下のようになります。

初期型CRMのクランク
廃車車両の為、錆が浮いています。

開口部が広いので、Pリングに落とされたオイルが効率よく下に回りそうに思えます。
また、両サイドにある穴の周りがすり鉢上になっていることもこの写真で判断できます。
 
RMX250Sのクランク
左側のクランクサイドベアリングがお亡くなりになったRMXの内部です。

CRMと比べると、開口部が狭いこと・オイルの導きが無いことがはっきりと分ります。
 
初期型CRMのアップ画像
上のRMXと比較してみても、オイルの回りは格段に良さそうに思えます。

特に、穴の両サイドに、オイルを導くための溝があるのが分ります。
これならば壁についたオイルも効率よく穴まで流すことができます。
 

どうでしょうかね。参考までに・・・・

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO